未分類

瑕疵担保責任について


家を売ることを検討している人の中で家を売った後の対応として挙げられるのが、瑕疵担保責任です。基本的に瑕疵担保責任は不動産に直接売却をした時には免除されます。その理由は業者に家を売った場合はその責任は負わなくてもいいということが法律で定められているからです。不動産売却を検討している人は気にする必要がありませんが、一方で買手を募り業者以外の人に売却をするケースでは瑕疵担保責任を負うのが一般的です。

住宅設備の補修瑕疵担保責任とはもし家を売った後に住宅設備に欠陥などが見つかった時にはその設備を売り主が直さなければならないという義務になります。
そのため、売れた後は全て買手の責任ということではないため、瑕疵担保責任を慎重に配慮して売る人は少なくないです。
実際に住宅設備の補修に関しては多くの費用がかかります。
確かに売れたお金で補修をすることができますが、少し時間が経過した後に瑕疵担保責任を負うことになると既に売ったお金は次のマイホームの購入資金に使ってしまうケースもあるので、負担を抱える人は少なくないです。

家を売った後に瑕疵担保責任によって負担を負わないためにも、売買契約締結をする時に住宅設備の欠陥などを隠して売らないことや、売る前に事前に住宅設備の補修を行っておくなどの対応を行います。


関連する記事

推奨リンク